離婚したくないなら一時的な別居で距離を置くことが必要かも?

離婚したくないなら別居は避けるべき?

できれば別居はせずに離婚を回避し、
夫婦円満に戻りたいとは誰でも思うはずです。

しかし、離婚したくないからこそ別居が必要かもしれません!

「そんなことしたら余計に離婚のリスクが大きくなるのでは?」

というように感じるかもしれませんが、実は別居で一時的に夫婦の距離を置くことで
離婚を回避できたという体験談も多く有効になり得るのです!

別居 離婚回避

離婚回避の為の別居

結婚生活を続けていると、避けがたい意見の相違や、
結婚相手に対して許せないことが出てくるのはよくあることです。

もともとは他人ですので、結婚生活を円滑に続けていくためには、
相応の努力が必要であるとはよく言われますが、相手の浮気や借金、虚言癖などは、
離婚を考えたことがあるという方に意見を聞いた場合、よく耳にする理由の一つです。

浮気や借金や嘘などは、性格的な事もあり、なおすのは難しいとされるため、
すぐに離婚に踏み切る方も多いようです。

ですが、なおしたほうが良い癖や、悪いところは誰にでもあると考え、
我慢するのではなく、一度距離を置いて生活するというのも一つの方法です。

精神的な距離を置くためには、物理的な距離を置くのが手っ取り早い方法ですので、
一度別居をしてみることをお勧めします。

別居をすることで、お互いが冷静になることができますし、
過失を犯したほうは特に反省するきっかけにもなるでしょう。

特に、男性側が借金や浮気をして関係がぎくしゃくした場合、
別居をすることで大変なことをしてしまったと反省する機会にもなりますし、
子どもがいる場合は、子どもに頻繁に会えなくなることで改心する良い機会になります。

夫(妻)に妻を切り出された場合であっても、
一度別居をする提案をして猶予を貰えるようにしてみましょう。

距離を置くことで夫(妻)の気持ちも変化すると思いますし、
その間に自分を変えることで離婚を回避できる可能性も出てくるはずです。

既に夫(妻)と別居状態である場合も、焦って夫婦仲を戻そうとするのではなく、
距離を置く必要があるのだと納得し少しずつ夫婦仲を回復できるよう頑張りましょう。

ただし、全てのケースで別居が有効になるとは限らないので、
実行する前に以下で紹介する離婚回避の方法を知る手段を試してみてください。

離婚したくない場合の最善の解決策は?

夫(妻)と離婚しそうになって悩んでいるのであれば、
一度復縁相談を試してみてほしいと思います。

復縁セラピストの小野田ゆうこ先生があなたの状況に応じて、
離婚を回避できるよう具体的なアドバイスをしてくれます。

復縁相談ですが別れる前でも相談が可能です^^

離婚したくない場合の最善の解決策を知ることができます。

今回別居のことを書いてみましたが、小野田先生に相談することで
あなたの状況では別居が有効かどうかもアドバイスしてくれるはずです。

小野田先生の復縁相談の詳細はこちら

離婚したくない 別居

無料相談できるので気軽に試してみてください。

 

“離婚したくないなら一時的な別居で距離を置くことが必要かも?” への2件のフィードバック

  1. 佐藤淳一様 より:

    一昨日から別居を始めました 理由は自分のパチンコが原因です 生活費や借金を作ってまでしてはいないのですが妻はパチンコそのものが嫌いでそれでも構わず休みの度に一人で行ってしまったのが原因です 一応期限は来年の3月の25日が期限で別居にいたったのですが 私は離婚したくはありません 一応離婚届けはサインして妻がいつでも持ち歩きパチンコ行った瞬間に離婚届けを提出すると言う話し合いはついています

    • タッツ より:

      > 佐藤様

      コメントして頂き有難うございます。
      お答えさせていただきますが、
      一切の責任は負えませんことはご理解ください。

      これは離婚したくないのであれば、
      パチンコをやめるしかないと思います。

      生活費を圧迫させてしまったり、
      借金をしてしまった以上は

      「ギャンブルをやめない限り離婚する」

      というのは正当な意見だと思います。

      パチンコをやめないで離婚も回避する、
      ということも不可能ではないのかもしれませんが、
      余計に呆れられるリスクはとても大きいですし、
      説得することは容易ではないでしょう。

      収入を増やしたりして「パチンコをしても全く問題ない」
      という状態になれば理解してもらえる可能性はありますが、
      なかなかすぐに仕事での収入を増やすことは
      できるものではないと思いますし、

      何より一度借金を作ってしまったということは、
      仮に収入を増やすくことができても、
      そう簡単に信用はしてもらえないでしょう。

      パチンコをやめ借金をしっかり返済するなど、
      誠意を見せれば考え直してもらえる可能性は
      十分にあるのではないかと思います。

      もし、ギャンブル依存症などでパチンコをやめることが
      難しいというのであれば、まずはセラピーに通ったり、
      パチンコをやめることを第一に考えることが得策だと思います。

      もし「パチンコをやめる気は全くない」というのであれば、
      申し訳ありませんが私にアドバイスできることは殆どありません。

      それくらい、ギャンブルでの借金というのは印象が悪いですし、
      パチンコをやめることに全力を注ぐべきだと思います。

      ありきたりなお答えとなってしまいましたが、
      私の感じた率直な意見を書かせて頂きました。

      少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ