離婚したくないならまずは法的に離婚を回避する方法を取りましょう

離婚を回避する方法として
法的には離婚届けを役場に出されないようにする方法があります!

今回は離婚の法的手続きについて書いてみます。

離婚したくない人は為になるかもしれません。
まずは事実上の離婚を阻止して、その間に夫(妻)と上手く仲直りするという方法です。

離婚したくない 仲直り

法律上で離婚が成立するのは、本籍のある役場に離婚届けが提出されて受理されたときです。

提出は、本籍地でなくても役場であれば(国外の大使館でも可)、
本籍地の役場に転送してくれます。

離婚届けは、形式が整っていれば受理されます。

つまり、当事者の合意の基に離婚届けが作成されたかどうか
を確かめることを役場は行いません。

片方が勝手に作成した離婚届けでも、
役場に提出された後から訂正することは可能です。

離婚をする気がない方が、
居住地の家庭裁判所に離婚無効確認の調停を申し立てることによりできます。

この取り消しに必要な作業は時間と費用がかかります。

本当に離婚の意思がないかどうかを裁判所が確認するからです。

手提出を事前に回避する方法があります。

「離婚届不受理申出」という書類を役場に提出しておくだけです。

この書類を出しておけば、
偽造された離婚届を役場に提出されても役場は受理しないという制度です。

しかし、この書類の効力は6か月しかありません。

繰り返し提出することはできますが、なかなかそうはいきませんし、
半年の間に次なる策と言いますか夫婦仲を元通りにできるよう行動しましょう。

夫婦喧嘩で「あんたなんか離婚よ!」となった場合、
勢いで離婚届けを出されないように「離婚届不受理申出」を提出しておけば安心して、
離婚を回避するための話合いをするなど次の解決策に移れるでしょう。

離婚したくない 解決策

突発的な離婚という事態を避ける為には有難い制度とも言えます。

離婚できない間に夫(妻)と仲直り

先ほど紹介した方法で事実上の離婚を阻止できたとしても、通用するのは1回ですし、
夫(妻)と仲直りできなければいずれは離婚することになってしまうでしょう。

ですからその間に夫(妻)と仲直りをして、
本当の意味で離婚を回避する必要があります。

なかなか簡単ではないケースもあるかもしれませんが、
できる限りのことをやって仲直りできるよう頑張ってほしいと思います。

そこでおすすめになるのが小野田ゆうこ先生の復縁相談です。

あなたが夫(妻)と仲直りできるよう復縁のプロである
小野田ゆうこ先生が具体的な解決策をアドバイスしてくれます。

離婚後の復縁でも離婚前の仲直りでも本質は変わりませんし、
実際に小野田先生に相談したことで離婚を回避できた方も増えています。

ベストを尽くす為にも一度相談してみてほしいと思います。

小野田ゆうこ先生の復縁相談の詳細はこちら

離婚したくない 解決策

一人で悩むよりも相談することで勇気も出るとはずです。
無料相談可能なので気軽に試してみてください!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ