離婚を回避するには話し合いは必要か?話し合いのコツ

夫(妻)と離婚したくないと離婚を回避する為に
最初に考えるのは・・・

話し合いによる説得だと思います。

話し合いにより離婚を回避することはできるのでしょうか?

離婚回避 話し合い

離婚問題に直面すると、有責者側や切りだされた側の
ほとんどが青天の霹靂のように感じます。

なぜならば、それまでは相手が我慢に我慢を重ねて
不満や改善を求めなかったからです。

そこに気づかずに、ただ平然と過ごし相手の表情や話や行動を気にせず
好きなように過ごしていてはいつかは崩壊してしまいます。

何の不満がなくても離婚をする夫婦は稀に存在しますが、
不倫や浮気借金以外の離婚の多くは話し合い不足や思いやり不足から離婚に発展します。

例えば、結婚してすぐに、家事の割合や分担などを決めたとします。

ですが、それをどちらかが忘れたりやらなかった場合、
もう片方がやることになりますよね。

最初は、やらないことに文句を言うかもしれませんが、
それでも改善されなかった場合、諦めてしまいます。

そして、積もり積もって些細なことがきっかけで爆発したりするのです。

離婚を切りだされても、よっぽどのことがない限り、双方の話し合いや
両親や第三者を交えての話し合いをして、離婚を回避するための話し合いができます。

そこで、何を不満に思っていたのか、
どうすればいいのか話し合ってください。

そんな下らないことでなどとは思っても決して口に出してはいけません。

あなたにとってはくだらないことでも、
相手にとっては許しがたい行為や問題なのです。

また、理由や原因がわからないのに、ただ謝るだけの誠意のない謝罪も
火に油を注いでしまうのでしないようにしましょう。

自分の何がだめで、これからどうするのか、
話し合って決めてその約束は守りましょう。

話し合いの内容はメモして毎日読み返したりして、
同じ失敗をしないように心がけてください。

話し合いをすれば解決ではありません、話し合いの後に反省して
それを態度で示さなければ一度失った信用は取り戻せません。

結論は話し合いだけで離婚を回避できることは少ないですが、
話し合いは必要でありその後の対応が大事ということです。

話し合いが逆に離婚を決定的にしてしまうリスクもあるので、
お互いが冷静になって話し合いをすることが大事です。そして

「離婚したくない」と泣いてせがんだり、
無理に説得しようとしないということも重要です。

あくまでも離婚をやめることを説得することよりも、
夫(妻)の言い分などをよく聞くことに力を入れてほしいと思います。

離婚したくないならまずは・・・

夫(妻)と離婚したくないとお悩みであれば
まずは専門家に相談してみてほしいと思います。

間違った行動や会話をしてしまうと、それだけ離婚が現実味を帯びてしまい、
回避することも難しくなっていってしまいます。

ですので早い段階で専門家に相談することにより
的確な解決策をアドバイスしてもらうことが有効になります。

復縁セラピストの小野田ゆうこ先生は
離婚したくないというケースでも相談に乗ってくれます。

多くの相談者が離婚を回避し夫婦仲の回復に成功されています。

小野田ゆうこ先生への相談の詳細はこちら

離婚したくない 話し合い

無料相談できるので是非今すぐ相談してみてください。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ