離婚を先延ばしする方法は?離婚を先延ばしして回避する方法

夫(妻)と離婚しそうになっている状態で
離婚したくないというのであれば

離婚を先延ばしする

ということが有効になります。

離婚 先延ばし

先延ばしする間に離婚回避解決策を取ったり、
仲直りできる可能性があるからです。

状況によっては離婚を受け入れるしかなく、
復縁を目標に切り替えるしかない時もありますが、

できれば離婚することなく夫(妻)と
仲直りしたいと思いますよね?

その為に離婚を先延ばしする、つまり
夫(妻)に猶予を貰う必要がありますし、
先延ばしする方法について簡単に書いてみます。

離婚届けにサインしない

離婚届を市役所か区役所、または町村役場に
提出しなければ離婚は正式には成立しません。

そして離婚届けを提出するには
夫婦両人のサインが必要になります。

つまり
離婚届にサインをしない

ことでしばらくは離婚を先延ばしできます。

とは言っても、そんなことが通用するのは
それほど長くはないでしょう。

ただ、簡単にサインせずに

「もう少し話し合いをしたい」

「まだ離婚届けの提出は待ってほしい」

というように伝えれば、夫(妻)も
少しは猶予をくれることもあるでしょう。

離婚届 サインしない

それから別居生活をして距離を置くなどすれば、
さらに離婚を先延ばしすることも可能です。

別居で離婚を先延ばしにする

夫(妻)が離婚したいと考えている場合は、
当然ですが一緒にいたくないと思っているでしょう。

ですから、離婚をする前に
別居をしてみる提案をすることで
承諾してくれるケースも多いです。

一刻も早く離婚することよりも、
「とりあえず一緒にいたくない」
と考えているパターンもあるので、

こちらが離婚を拒否すれば、
まずは別居で落ち着くこともあります。

当然離婚を先延ばしすることができます。

その間に自分磨きをするなど
離婚の原因をなくすことで
離婚を回避して仲直りできる可能性が出てきます。

専門家への無料相談

離婚を先延ばしする方法について
一例を簡単に書いてみましたが、

今回書いたことが通用しないこともあるでしょう。

今回紹介した方法以外でも、
離婚後の問題や親権などを指摘して
先延ばしできる可能性もあります。

あまりおすすめはできませんが
離婚裁判に持ち込むなんて方法もあります。

離婚回避や先延ばしする方法は
ケースによって様々ありますので、
一度専門家に相談してみてください。

あなたの状況に合わせて
離婚を回避する為の解決策を
具体的にアドバイスしてくれます。

実際に専門家に相談することにより
離婚回避、夫婦の仲直りに成功した方は多いです。

こちらで無料相談できるので
一度でも相談してみてほしいと思います。

復縁セラピストの無料メール相談

復縁相談ですが離婚したくない時の
夫婦の仲直りの為の相談にも乗ってくれます^^

離婚したくない 解決策

是非相談して、離婚を回避する為の
最善の解決策を知ってほしいと思います。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ