離婚したくないなら結婚当初を思い出すべき?

夫(妻)との離婚を回避するには
結婚当初のことを思い出すことが大事と言われます。

離婚回避 結婚当初

確かに大事なことなのですが、
それだけで離婚を回避する方法になるとは限りません。

本気で離婚したくないなら・・・

結婚当初に戻るだけでは不十分のことが殆どです。

正確に言えば、結婚当初のように戻るまでのプロセスが重要で、
ただ単に以前のように戻るだけでは離婚回避は難しいでしょう。

最初にこちらの文章を読んでみてください↓↓

—————————————————————————————————

離婚を回避する方法は、結婚当初を思い出すことです。

結婚生活も慣れてくると、笑顔が無くなってしまうことがあります。

笑顔というものは、結婚相手を幸せな気持ちにするものです。

なのに、ちっとも笑顔も無く挨拶も無いようでは相手の気持ちも冷めていくでしょう。

起きたら「おはよう」と言い、
寝る前には「おやすみ」と一言だけでいいので言いましょう。

その時に、ちょっと軽く額や頬にキスなんてしたら、相手は嬉しくなります。

「愛されてるな」と感じ、離婚を考えなくなるのです。

言う時には、ちょっと笑顔を見せながら言えば、より効果も上がります。

離婚を回避する方法としては、結婚当初にあった初々しさを取り戻すことです。

彼から見つめられた時には頬をポッと赤めてははにかんだような、
彼のことが好きで好きで堪らないというような可愛い動きを女性はしてみましょう。

夫ならば、起きたらギュッと抱きしめては「愛してるよ」と素直な気持ちで言ってみたり、
彼女のドジさを「可愛い」と捉えてみるのです。

結婚生活も慣れてくれば、そのドジさがイライラするようになりますが、
それを「可愛い」と思うことで、愛に変わるのです。

お互いは運命で導かれて出会ったんだと考え、相手ができなかったことは、
自分がちょっと手伝ってあげるような気持ちを持てば、離婚を回避することができるのです。

—————————————————————————————————

夫婦円満が続いている主婦が夫婦円満の秘訣を書いたものです。

決して以上のことが全て間違いとは言いませんが、
以上のことを実践して離婚を回避できる人は少ないと思います。

むしろ、離婚までが早まってしまう恐れさえあります^^;

夫(妻)と離婚しそうという方にも深刻度は人それぞれだと思いますが、
以上の場合はあまり深刻度が低い状態ではじめて有効になることでしょう。

夫(妻)が離婚を深く考えているような状態では、こちらが
いきなり結婚当初のように戻っても引かれてしまうのが落ちです。

ゆっくりと結婚当初のように戻っていくこと

当然ですが例外を除いて結婚前や結婚当初から上手くいかない、
というような夫婦はないと思います。

だからこそ結婚当初のことを思い出すことは離婚回避の手がかりになります。

結婚当初と今とではどう変わってしまったのか?

ということを考えればなんで離婚しそうな状態になったのか?
どういうことを直していくべきなのか?

ということが少なからず見えてくるはずです。

そういった意味では、とても重要なことなのですが、
だからと言っていきなり結婚当初のように戻ろうとしても無理があります。

夫(妻)も大きな違和感を感じ逆効果になるでしょう。

だからこそゆっくりと結婚当初のように戻っていけるように、
焦らずに問題を解決していくように心がけてほしいと思います。

そして全く結婚当初と同じように戻ることは不可能ですし、
夫婦としての新しい形を作っていければ良いと思います。

もちろんそれは結婚して何年経っているかによって違ってきますが、
環境や年齢が変われば夫婦のあり方のようなものも多少変わってくるからです。

最後にもう一度書きますが、
夫婦円満だった頃を思い出すことは離婚回避には大事なのですが、
そのまま戻ろうとしても難しいということを忘れないでください。

本気で離婚したくない方の為の相談所

「離婚したくない」と悩む人でも
その状況や悩みの種はいろいろなケースがありますよね。

そこで、あなたの「離婚したくない」想いを叶えられるよう
復縁セラピストさんが個別に相談に乗ってくれます!

直接相談に乗ってもらいアドバイスを聞くことができるので、
状況にマッチした的確な解決策を教えてもらうことが可能になります^^

多くの相談者が離婚しそうな危機的状況から
夫(妻)との仲直りに成功されているのでおすすめです。

復縁セラピストさんへの無料相談はこちらから

無料相談できますので一度試してみてください。
復縁相談となっていますが離婚回避の相談も可能です^^

離婚したくない 秘訣

あなたが夫婦円満に戻れることを願っています。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ